M&T WEB
モヒテキの大雑把な生き方
モヒートとテキーラはウィペット
走ることと寝ることが好きな犬。
人には優しいけど、意地っ張りで、欲張りな一面も。

犬ブログ。写真とエッセイ風記事で大雑把な生活を大雑把に記しています。
プライベートな写真も少しだけ公開しています。ブログより早いこともしばしば。
イベント参加や旅の記録など写真をアップしています。
犬動画を中心にビデオ編集もやっています。

2016-12-02 2016晩秋の京都・近江の旅 錦市場編

夜になった。
夜といっても、まだ17:00だけど。
四条通りを登って行ってほぼ京都の中心部にやって来た。
もちろん、東京よりはコンパクトにできている。
なおかつずいぶん落ち着いている。

四条烏丸に近い錦通りだ。ここは朝から夜まで活気がある。
お腹が空いたので、ビュフェスタイルのおばんざいを食べることにした。

もちろん京都だから、そこいらじゅうの飲食店ががおばんざい料理屋といえるのだろうが、この雰囲気の通りで、地元のお客さん比率が高くて、気軽に楽しめるのが前提だ。
入った店は、「ひなたや」。
入口があまり目立たず少し迷ったが、2Fにある店だ。
そこそこ新しいので、清潔感もあり、ビュフェスタイルなので安心価格だ。
京野菜がウリだが、ついつい動物性のたんぱく質に手が伸びる。出来立ての料理に関しては味もそこそこいける。60分で大満足だった。

写真は撮り忘れた。

このあたりの駐車場は高いな・・

2016-12-02 2016晩秋の京都・近江の旅 嵐山編

ずっと秋の京都にあこがれていた。
すでに師走に入り、季節は晩秋というより、初冬ではあるが、
嵐山界隈は紅葉見物の観光客(主に中国人)で大混雑だ。

渡月橋が見えてきた。

京都を代表する景色で桂川の水面の風景には風情があるが、

山の色づき具合はすでに見ごろを過ぎたせいかイマイチだった。

川沿いの高台にある公園に続くちょっとした山道を登ってゆく。

そうして上り詰めた高台からは、川下りで有名な保津川と呼ばれる峡谷の最下流とトロッコ列車が走る光景が見渡せる。

反対側に下って行くと、有名な竹林の道へ出る。
修学旅行と、例のインバウンドの皆さんで異様な混雑だ。
人通りが一段落したところで撮影したがこのありさまだ。
25年くらい前に来たときは、誰もいない静かな小道だったのに。

嵐電の嵐山駅。
犬連れてはいって良かったのだろうか?

アクリルの筒に入っているのは着物の生地。

駅の裏へ出た。
やっと静かなところに出た。

2016-09-17 2016お遍路ツァー番外編 その6

ついでに、東尋坊にやって来た。
今回は文句ばっかりだ。興味がなければ読み飛ばしてほしい。
駐車場は、500円。
土産物屋で2000円以上購入するとキャッシュバックしてもらえるらしいが、買う気の起きるものは何一つ売ってない。
素直に、一日500円の駐車場のほうがすっきりしていていいのになぁ。

別の店だが、お大師様の像が!!
あからさまなディスカウントとは罰当たりな。

もはや駐車場の目印と化した、観光用展望台。
(一応営業はしているのかも。)
カオスだ。
こんな感じの通りを抜けていくと、名勝の東尋坊へ行ける。

さて、その東尋坊といえば・・

こんな感じの岩場で、

サスペンスドラマの謎解きをするので有名だが、

意外な犯人と、めっちゃ怪しい関係者たちと、刑事なり探偵なりは、どのような心境で先ほどのカオスストリートを通り抜けてきたのだろう?
刑事ドラマは架空の話なので良いとして、自殺者のことを考えてみよう。
自殺を覚悟して、ここやって来た人は、ここまで来た時点でバカバカしくなり、無駄足だったと悟ることだろう。

何はともあれ、全景はこんな風だ。

柱状節理の具合も、日向岬のほうが迫力あったな。

2016-09-17 2016お遍路ツァー番外編 その5

京都府の舞鶴にある道の駅だ。
海鮮市場などの商業施設、海鮮レストランと寿司屋、道の駅などが一体になった施設だ。
若狭湾が近く、海の幸が楽しめそうだが、残念なことに、価格・見た目・品ぞろえがイマイチ。
おまけにバックヤードが不潔で乱雑。
二度と立ち寄りたくない。

気をとり直して、そのまま若狭湾沿いに走る。
いいところを発見した。
「日本海さかな街」

海鮮丼などの飲食店が駐車場に面していて、最初に目についた店に入ってみたが、ボリューム感満点だ、
味も良い。

建物の中に入ってみると、活気ある市場の雰囲気だ。

さて。旅は終わりに近づいている。

外は雨。

丸岡城。
ペット禁止。

城は小さく、サクッと見学できる。
風格はそれなりにある。

ここで記念撮影が定番なのだろう。

現存12天守の一つだ。
この旅、4つ目の現存天守。
小さいがそれなりの風格はある。
戦後、地震で倒壊し、再建した建物だ。
元の資材で再建とはいえ、現存にはカッコ付けが必要だろう。

駐車所が見えるな。
コンパクトな城だ。
門や、土塀などが、他の場所に移築されたり、堀が埋め立てられたりしたようで、一国一城の城なだけに、往時はそれなりの規模だったのだろう。

屋根瓦は石でできている。

階段は急だ。

城丸くん?ウーン、彦にゃんとかと比べると気合の入り具合が違うな。
まあそんな場所だ。

2016-09-16 2016お遍路ツァー番外編 その4

山道を歩いている。
目指すは、天空の城、備中松山城こと高梁城だ。
この道、蛇やトカゲなどの爬虫類がウヨウヨいる。
犬が食わなくて、また、噛まれなくてよかった。

石段フェチ興奮気味。
ふいご峠という所から20分ほど歩く。
土日は、駐車場からふいご峠までは一般車通行禁止。
シャトルバスはあるものの、そこも歩いたので、計40分ほど上った。

石垣だ。

城壁だ。

更に、石垣だ。

石段が続く。
何が楽しいのか?テンションMAX

シアワセ!!

城だ。
天守閣だ。小さいな。
現存天守中、最高所にある。
そもそも、高い山の上だから、ド派手な天守は必要ないな。
小さくとも、役目は果たせるし。

山城、陥落。

無血入城!!

えっ、犬はここから立ち入り禁止だって。

では外から見てみよう。

山の上の岩の上の石垣の上の櫓。

よくぞ、こんなところに城を築いたものだ。

ツール
お知らせ
プロフィール

Cast:
パパ(管理人)

3/2生まれ

ママ

1/5生まれ

テキーラ

2008/4/4生まれ


モヒート

2008/4/4生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR