M&T WEB
モヒテキの大雑把な生き方
モヒートとテキーラはウィペット
走ることと寝ることが好きな犬。
人には優しいけど、意地っ張りで、欲張りな一面も。

犬ブログ。写真とエッセイ風記事で大雑把な生活を大雑把に記しています。
プライベートな写真も少しだけ公開しています。ブログより早いこともしばしば。
イベント参加や旅の記録など写真をアップしています。
犬動画を中心にビデオ編集もやっています。

-------- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-21 二度目の診察、外傷による感染症の疑い


7月11日、FIFAワールドカップの決勝戦があった日だ。
再び肉球が腫れ始め痛がるようになった。

消炎鎮痛剤の投薬を再開する。だが、明らかに関節や骨の異常ではなく細菌による化膿で腫れているのがわかる。予定の行動ではあるが明日は病院へ連れて行こう。
 
 
翌日、月曜日。眠い。

モヒートの足は全然よくなっていない。動物用の消炎鎮痛剤は飲み続けないと効かないようだ。

午後、病院へ連れて行くとやはり抗生物質の投与に切り替えることになった。
外傷による化膿であることはほぼ間違いなく、最悪の場合は植物のとげのような物が指の間などに刺さっていることが考えられるそうだ。
3日間抗生物質を飲ませて経過を観察することになった。

抗生物質というのはラリキシン250mgの錠剤で、人間にも使われる一般的な薬だ。錠剤は餌に混ぜても食べるときに除けて食べないので強制的に口を開けて飲ませる。モヒートのおかげで犬に薬を飲ませるのは随分上手になった。
 
イザという時のために錠剤を飲ませる練習はしておいたほうがよいと思う。怪我や病気がなくてもフィラリアの薬などは定期的に飲ませることがあると思うが、それを錠剤にしてみると練習になる。
 
 
さて、抗生物質は2日間で効き目が出てきた。その間まるで気力がなく、姉妹犬のテキーラに横柄に振舞われ、散歩には連れて行ってもらえずに留守番したりと不遇な日々であったが、元気を取り戻すと自転車のカゴに乗ってVIP待遇でお散歩に出掛けたりと今度はいい気になって付け上がるようになってきた。

まだ、右足は少しうっ血したようになっている。

コメント

非公開コメント

ツール
お知らせ
プロフィール

Cast:
パパ(管理人)

3/2生まれ

ママ

1/5生まれ

テキーラ

2008/4/4生まれ


モヒート

2008/4/4生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。