M&T WEB
モヒテキの大雑把な生き方
モヒートとテキーラはウィペット
走ることと寝ることが好きな犬。
人には優しいけど、意地っ張りで、欲張りな一面も。

犬ブログ。写真とエッセイ風記事で大雑把な生活を大雑把に記しています。
プライベートな写真も少しだけ公開しています。ブログより早いこともしばしば。
イベント参加や旅の記録など写真をアップしています。
犬動画を中心にビデオ編集もやっています。

-------- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-09-02 錠剤を犬に飲ませよう

約2ヶ月続いたプチ闘病生活はこれで終わり。

万が一今後関連した症状が現れたら、「プチ」は看板から消さなくてはならないだろう。

今回の一連の騒動の中で感じたことをまとめておこう。

まず、獣医の対応について。
今回見て頂いた先生はいずれも大変真摯な態度で動物の病気や、飼主への対応に向き合ってくれたと思う。
動物の治療費は医療保険が利かないので高額になるものの、人間の診察が3分で終わるところを30分以上かけて診察し説明も丁寧にしてくれる。たとえば人間病院でインフルエンザって何ですか?と聞いたら叱られるだろうが、動物病院で「ケンネルコフってナンですか」と聞いたら丁寧に説明してもらえる。サービスの質も内容も大抵の動物病院のほうが上だ。それを加味すれば「高いサービス」ではない。

次に薬について。
普段健康なワンは(テキーラもそうだが)注射といえば狂犬病の予防接種とワクチン、薬といえばフィラリア駆虫薬しか経験しないだろう。
注射をするのは獣医なので一般の家庭では練習のしようがないが、飲み薬については普段から練習することも可能だ。モヒートは薬を飲みなれたせいかとても素直に飲むようになった。
食後、「お薬のもうね、おいで」と呼ぶと(必ずではないが)トコトコとやって来るようにもなった。少なくとも飲み込ませた薬をこっそり吐き出して捨てるようなことはしなくなった。これは練習しておかないと本当に重大な病気の時にはとても苦労すると思う。すべての種類の薬がチュアブルタイプではないのだからぜひ練習しておいて欲しい。

そして身体検査。
体重や体温、体の傷や痛みなど家庭でチェックできることは定期的に実施すべきだ。間違いなく病気の早期発見につながる。そしてそれらを記録しておいて、いざというときには獣医に示せるようにしておけば、獣医もしっかりとした飼主だと認めおのずとサービスも向上するというものだ。

最後に、霊感まがい商法。
犬の病気について何か情報がないかとネットで調べていると、「i○」ないしは「○フ」、「AHC☆」などという商品の広告みたいな体験談がヒットする。
前者はプラスチック製のペンダント(1.8万也)をつけていたら犬の病気が治ったという話である。返品OKといううたい文句だ。
後者は椎茸を原料にした健康食品で、色々な病気に効果があり副作用がないというのがウリで、薬事法に抵触している可能性がある。コチラはおもにマルチ商法で販売されている。

そんな事いってモヒートだってパワーアイテム着けてるでしょうって?いいのいいの、あれは貰った物だから。

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

コメント

非公開コメント

No title

かなり長い闘病生活だったんですね・・・
犬の2ヶ月って人間にしたら1年ちょっとかな?
ナギーも今年の上半期はほとんど病院に通っていたな^^;

記録を取るって大事ですよね!!
いつも何かある度思うのですが、元気になると忘れてしまって。。。
ダメですね^^;

NAGGYさまへ

モヒートが怪我や病気をするたびに、これがもしテキーラだったら大変だなとつくづく思います。テキーラは暴れるので介護が大変なのです。
体温計は平気なようですが、注射器を見ると逃げ出そうとするし、クスリを飲ませようとすると噛んだり舌を引っ込めてクスリが入らないようにするし。
まだ12キロ弱だからいいけどナギー君サイズだったら手に負えないなあ。
ツール
お知らせ
プロフィール

Cast:
パパ(管理人)

3/2生まれ

ママ

1/5生まれ

テキーラ

2008/4/4生まれ


モヒート

2008/4/4生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。