M&T WEB
モヒテキの大雑把な生き方
モヒートとテキーラはウィペット
走ることと寝ることが好きな犬。
人には優しいけど、意地っ張りで、欲張りな一面も。

犬ブログ。写真とエッセイ風記事で大雑把な生活を大雑把に記しています。
プライベートな写真も少しだけ公開しています。ブログより早いこともしばしば。
イベント参加や旅の記録など写真をアップしています。
犬動画を中心にビデオ編集もやっています。

-------- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-25 沼津と伊豆の2日間

11/24、チェルブリ家に遊びに行った。

この記事の改訂版を書いているのは、12/1だ。
一週間もたつと、記憶が薄れてきている。

東名高速の渋滞やらなにやらで沼津到着は12時少し過ぎ。
本来ならもっと早く到着して、柿田川でのんびり散歩してからチェルブリ家に向かえばいいやと思っていたが、 思えばこの時点で運命が決まっていたようだ。

そんな気配はこれっぼっちも感じないで、港でモヒテキを軽く散歩させて、人間どもの食欲を満たした。
例によってろくに調べもせず、あまり混んでない店に行くものだから、あまり期待していなかったが、桜エビのかき揚とシラスのかき揚はそこそこ旨かった。


ほめろぐより写真引用
ここはどこ?
パパはどうしちゃったの??
と、チェルブリ家に到着早々のモヒートとテキーラだ。

実はこの時、車が接触されて、事故処理のために警察に出かけていたのだった。


ほめろぐより写真引用
そのあと気を取り直して、チャッピー家と合流して、公園に向かう。
犬を遊ばせるにはもってこいの場所だったが、渋滞で遅くなってしまったため、暗く、寒く、カメラもなく借り物の写真でこの場を取り繕わせていただく。
そのおかげで、モヒテキの眼光線がカメラのせいでなかったことが判明した。

雨が激しく降ってきたのであずまやに避難したりしていたが、どうにも暗くなったためこの場は退散することにした。

帰り道も結構な渋滞で時間がかかったが、3連休のせいだったのかどうかは、聞くのを忘れた。

・・・というわけで、いきなり夜になる。
沼津は東海道の宿場のあたりにあるお店だ。
チェルブリ家からは篭に乗らなくても行ける距離だった。

こんな風な付け出しが出る。
もちろん、その他注文した品々も出る。

さて、ここで重大な事実が判明したので忘れないように記しておく。
書いたから忘れないという保障はないが・・

九州では、運動会で大きな玉を頭上でリレーしていく競技のことを「大玉ころがし」というらしい。
静岡では、同様の競技のことを「ポートボール」と呼ぶらしい。
北多摩では、少なくとも昭和40年代はそんな競技なかった。

九州人は苺といえば「あまおう」
静岡人は「紅ほっぺ」
関東人は「とち乙女」
・・が一番だと思っているらしい。


ほめろぐより写真引用
居酒屋のご主人には失礼だが、
居酒屋で、撮った写真が1枚だけだったのはご愛嬌としても、
チェルブリ家に戻ってからの写真が一枚もないというのはあまりにお粗末だった。
ここも借り物の写真でしのがせて頂く。

テーブルには、このようにご馳走が並んでいる。

途中から、地元の仲間が集まってきて深夜まで飲んでいた。
漫才トリオとそのマネージャーといった感じ(失礼お許しを!!)の人たちだったが正体は謎だ。

謎というのも、怪しい人たちが集まってきたからではなくて、私が早々に寝てしまったからだった、と信じたい。
気が付いた時には、ダイニングには誰もいなくて、レイチェルがウロウロしていただけだった。

というわけで、朝になった。
この日の朝は、かなり冷えていた。

みんなが寝ている間に、ご近所を散歩したが、モヒテキは嫌がって動かず、
時間のわりに移動距離の短い沼津散歩だった。


ほめろぐより写真引用
そのあと、チェルブリカーで公園へ移動。
私のカメラはチェルブリ家のダイニングで惰眠していたので写真は無い。
またも借り物だ。
FC2内だったら直リンクでも良いのだろうか?
とりあえずちゃんと表示できたので良いことにしよう。

昨日の公園とは逆の方向だ。

ベタベタする草の種を体中につけて走り回った犬たちは概ね元気なようだったが、人間たちはまだアルコールが体中の毛細血管を走り回っているのだった。

結局今回、この公園での紅葉が、一番美しかった。

そのあと、12時を回るろチェルブリ家を後にして、
伊豆半島に向かう前に、再び沼津港へ行って、土産の干物などを購入・・
する前にはすでに腹が減っていて、
結局ナントカ丼を食べて満腹になり、干物などを買っているうちに2時過ぎになりとかなりいい加減に時間を消費して、テキトーに天城方面へ向かうこととする。

伊豆の踊子で有名な天城トンネルは、紅葉に包まれていたなら風情がありそうだ。
一度歩いてみたいと思っていたが、車でも通れるらしい。
ただ、道が悪いらしい。また心霊スポットでもある。

明るいうちに到着できればいいが、暗くなったらちょっと嫌だ。
今回は峠に近づくころすでに暗くなりかけていた。

今回は、天城越えをあっさり断念して、車の中で
♪隠しきれないレディーガガ・・とかつまらない替え歌を熱唱している間に伊東付近の東海岸に出た。

そろそろ一休み、とか言っているとこんな看板を発見。
どう見てもウィペットのパピーが看板になっている。
そういえばゴンゾウくんのママが「伊豆にウィペットのオーナーさんがやっているドッグランがある・・」とか(もっと具体的に教えてくれたような気がするが)言っていたっけ。

大室山のそばにある、ドッグ・ヤードだ。


写真で見るより実際にはもっと暗い。
もう、黄昏が迫っているが、
お茶だけでも飲んでいくか、と、立ち寄ってみると、

なるほど、おかみさんが色々話を聞かせてくれた。
現在7頭のウィペットの親子がいるそうだ。

沼津からきました、というと、レイチェルのとこね。という感じでバレバレだった。

さっきまで黄昏ていたのがウソのように、
申し分のない夜になった。
さっきのドッグランから15分ほどの距離だが、もうあたりは真っ暗だ。

3連休最終日はどうせ渋滞するからのんびりと帰ろう。
道の駅・伊東マリンタウン シーサイドスパに立ち寄る。

裏に回ってみる。
日本海で立ち寄った、温泉付き「道の駅・岩城」に似たような雰囲気だ。

今回の旅で、唯一といってよい白々しい記念写真も撮っておく。

ここでもモヒートとテキーラは目から光線を発生させていた。
すでにこいつ等が宇宙人だということは十中八九は見当がついている。

シーサイドというだけあって、すぐ向こうは海。
海中にライトを点けてライトアップしている。

というか、ヨットハーバーだ。

さて、温泉だが、18:00になると料金が安くなるのだ。

これからの渋滞に備えてゆっくり浸かって行こう。

コメント

非公開コメント

No title

ドッグヤード行きましたか。
あそこのお母さんにはアレコレお世話になっているのですw

なんだか、訳のわからない夜になってしまいましたが、また来て下さい。
テキーラの瓶(箱)を見るたびにドキドキしている私です。

ゆうこ様

ドッグ・ヤードにはいずれゆっくり行こうと思ってます。
平日はとってもヒマだと言ってましたから。

テキーラはともかく、あの缶入りのモヒートは不味いですね。
普通の缶チューハイのほうがまだましです。
残りは運動会の罰ゲームにでも使ってください。

私は早々に寝てしまったので、気が付いたら朝になってたという感じでしたが、相当、訳が分からなかったようですね。
また遊びに行きます。よろしく。
ツール
お知らせ
プロフィール

Cast:
パパ(管理人)

3/2生まれ

ママ

1/5生まれ

テキーラ

2008/4/4生まれ


モヒート

2008/4/4生まれ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。